« これがもし・・・ | トップページ | 初GUSTO »

できたらいいのに

 ダニエル・タメットの 『ぼくには数字が風景にみえる』を読み終えました。

200802242140000 著者のダニエルは、円周率22500桁の暗唱ができ、言語感覚にも優れ10カ国以上の言葉を操ることができる、サヴァン症候群であり、またアスペルガー症候群でもあります。

 彼は、タイトルにもなっているように、数字の羅列は風景に見える共感覚を持っているそうなんです。そうやって2万桁の円周率も憶えられるらしいんですが・・・

 数字が風景のような映像で認識できるって、一体どんな感じなのか、体感してみたい!!どんな風に見えてるんだろう?とても興味があります。

 誰でも1度くらいは、他人の心がのぞけたらいいのに、って思うものだと思いますが、私はいつも他人の感覚が共有できたら面白いのにって思ってます。

 それができたら・・・

 まず、女には絶対にわからない!!と言われる男性が急所を打った場合の痛さを味わいます。

 それから、自分の話す英語がどう聞こえているのかアメリカ人の感覚で聞いてみます。

 ユダヤ教、イスラム教など相容れない宗教観をもつ人の感覚を、それぞれ感じてみます。

 絶対に食べ物だと認識できないようなもの(私にとっては虫!)を、普通の食料として感じている国の人の目で、虫を見てみます。おっeyeおいしそうって思うのかなぁ~

 まだまだありますが、妄想が止らなくなるので、このへんで・・・

 

|

« これがもし・・・ | トップページ | 初GUSTO »

よみもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これがもし・・・ | トップページ | 初GUSTO »