« 始まりの季節 | トップページ | 独りの休日 »

いつもとちがう

 4月になり、私の働く図書館にも新人さんがたくさん入ってきました。 そんなわけで、いつもと館内の雰囲気が違います。 今まではなんとなくいつものメンバーで、あうんの呼吸でやってたことを説明しないといけないので、カウンター内でいつも誰かしら話す声が聞こえてます。 利用者の方々、図書館なのにわさわさしていて、すみません・・・sad

 しかし私が思うに、いつもと違うのは雰囲気だけじゃないっすsign01

 書棚も違うんです。 本の冊数は変わらないので同じはずなんですが、やっぱりいつもと違うんです。並びとか、微妙なんですけど。

 図書館を利用される方は、たびたび職員が本を棚に戻す作業をしているのを見ることもあると思いますeye あれ、本が重そうだなっていう感想は持つかもしれませんが、別に頭を使う作業とは思わないですよねflair

 でも、あれはただただ同じ分類記号のところに、入れているわけじゃないのです。

 それこそ本は増えても棚のスペースは変わらないってことで、がらがらの棚はありません。そこをうまく収めるにはパズルをやるような感覚で、本を並べ変えたり、隙間をつめたり・・・coldsweats01 

 現在、ただただ本が入れられている、そんな落ち着かない棚になっているわが図書館ですー 

 200804041011000 

3月で異動してしまった方が、差し入れをもってきてくれましたheart02 愛知のお土産です。

かわいいぞ、サボテンくんbud

|

« 始まりの季節 | トップページ | 独りの休日 »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 始まりの季節 | トップページ | 独りの休日 »